ふるじろプレーパーク日記
「自分の責任で自由にあそぶ」をモットーに地域の子ども達にのびのびとした遊び場を提供しようと活動している当‘ふるじろプレーパーク’の活動日記
チョコレートフォンデュ
2月17日(日) 晴れときどき雪? 2月のプレーパークしました。

 さて、「(チョコフォンデュ)やるよ~」と宣言(ご案内を配布)したから、きっと、いつもより多いだろうなー、
と思ってはいましたが。やっぱり、来ましたねえ。いつもの顔、時々見る顔、、初めて?or久しぶりの顔。

 大鍋に湯を沸かして、湯煎でチョコを溶かす、、と言うと、何でもないようだけど。
「まだだよ」、、、と、他の遊びをするとなると、それはそれで、「ボールどこ?」「ベーゴマは?」「火焚いていい?」・・・忙しかったりする。
 それでも、まずはお湯を沸かす鍋を火にかけ湯が沸くまで、縄跳びやら、ベーゴマ、ボール遊び、、等々、それぞれのあそびの輪が広がっていた。
 頃合いを見て、深めの鍋にまずは用意したフレーク状のチョコレートを入れる。大きな声も出さないが、途端にそれを見ていた何人かの子どもたちが寄ってくる。自分達の持ってきた板チョコを入れる、入れる、いれる、、、わお!ミルクチョコレートに、ビターにブラック、、様々な色合いのチョコがなべにざくざく、、、。
 (こんなに食べられるかなあ?)

 たっぷりのチョコ、、なかなか溶けない。あれー分離したみたい?
‘温度が高すぎるんじゃない?~’、、にわか鍋奉行も出現して、なかなかうるさい。

うーん、ま、いっか、待ちきれないよね。とろとろと、固まり、、分離したような、溶けきっていないようなチョコレートをお玉ですくって、皆の持ってきた、パンやら、バナナやらにかける?と言うより、のせる。ついには、お皿に配給(給食当番みたいだなあ)

 いやはや、ひとしきり食べてお腹が満足した頃、鍋に少し残ったチョコはようやくフォンデュらしい、とろーりなめらかなチョコレートに。

 う~ん、次はもっとうまくやろう!

 七輪で火を焚いたり、木工作をしたり、、他の遊びももりあがったね。

 始める頃は、雪も降ったけど、参加(記名)者はいつもの倍くらいの51人。
 寒い中、写真展を見に来てくれた大人の方も何人もいて、「写真代の募金」缶には、思いの外お金が入っていて感激!ありがとうございました。


【2008/02/24 20:31】 | 未分類 | コメント(0) |
next→
プロフィール

furujiroplaypark

Author:furujiroplaypark
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する